肝臓内科

最初に

最初に健康診断のときに行われる血液検査では、腎臓や膵臓、脾臓、肝臓等の様々な臓器の状態を調べています。これらの臓器は、体内で非常に大切な働きをしているにもかかわらず、不調があっても自覚症状として現れにくい臓器でもあります。そこで、早期発見や早期治療につなげるためには、血液検査が重要になります。 肝臓は、臓器としては大きいですが、少し痛んでいても代替の細胞が代わりに役割を果たします。特に、お酒類を飲む生活習慣がある方は、お酒に関わりがあるといわれるγ-GTP等の数値が多少高くても自覚症状がないため、精密検査を受けない場合が多い傾向にあり、注意が必要です。また、長期にわたる飲酒習慣や感染性の肝炎などは、肝硬変や肝がんに移行する場合があり、こうした傾向を早期に捉えるためにも定期的な健診が大切になります。血液検査は、単体の数字だけではなく、それぞれの項目が複雑に関連しています。医師は全体的な数値を考慮して、様々な病気を視野に入れて、適切な治療指針を立てていきます。健康診断で肝臓数値の異常を指摘されたら、当院までご相談ください。

肝臓の働き

代謝の作用(タンパク質合成と栄養貯留)

人は、身体に必要な栄養分やエネルギーなどを食物から摂っています。胃や腸などで消化された食物は、栄養素などの必要なものを血液中に送り、不要なものを尿や便として体外に排泄します。血液に吸収された栄養分の大部分は、肝臓で使いやすい形にして蓄積、あるいは必要に応じて蓄積した栄養分をエネルギーとして放出する代謝されています。しかし、暴飲暴食をすることで栄養分を蓄積しすぎると、肝臓に不要な脂肪が溜まり、上手くエネルギーの放出や蓄積ができない状態になります。このように肝臓は、こうした代謝の役割を担っており、バランスが崩れることで脂肪肝などにつながってしまいます。

解毒の作用

肝臓の働きには、食物などから摂り入れた物質のうち、身体に悪影響がある毒素を解毒する働きがあります。肝臓で分解されて、不要物として分別された毒素は尿などになり、体外に排泄されます。しかし、肝臓の働きが何らかの原因により、障害されてしまうと、解毒作用が上手く働かなくなり、体内に毒素がどんどん溜まります。そのため、肝臓自体も体内の様々な臓器にもダメージを与えてしまいます。

胆汁の生成や分泌

肝臓の働きとして、脂肪を乳化してたんぱく質を分解する胆汁をつくり分泌する働きがあります。胆汁には、胆汁酸やコレステロール、ビリルビンという色素を含みます。これらは、腸から脂肪やたんぱく質を取り込みやすくする働きをしています。しかし、肝臓が不調を起こして、胆汁分泌のバランスが崩れてしまうと、吸収や消化の働きが低下します。胆汁の流れが悪くなると、胆汁の色素であるビリルビンが体内に蓄積して、白目や皮膚、爪等が黄色くなる黄疸を起こします。

肝機能障害

肝炎

肝臓の障害で最も多いのは肝炎です。なかでも、日本では、ウイルス感染により起こる肝炎が多い傾向にあります。肝臓障害の原因は、薬物性のものやアルコール性のもの、自己免疫が考えられます。近年では、アルコール摂取がほとんどないにもかかわらず、アルコール性の肝臓障害と同様の脂肪肝を引き起こしたり、非アルコール性脂肪肝疾患とそこから進行して、肝炎になる非アルコール性脂肪肝炎が注目されつつあります。これらは、メタボリックシンドロームと関連があるといわれ、肝炎が続くことで、肝硬変や肝がんを起こりやすい状態へしてしまいます。

ウイルス性肝炎

ウイルスに感染して、肝臓が炎症を起こした状態です。肝臓に感染するウイルスは、A型からE型まであります。日本でのウイルス感染の多くはB型とC型であり、B型の感染経路は、傷口の粘液や血液の接触や性行為等の密接な接触、輸血や麻薬の静脈注射等です。感染した母胎からの母子感染などの経路でも感染します。C型は性行為による感染はまれですが性行為による血液、体液の以降により感染することはあります。日本では、消毒が十分でない状態でのピアスの穴あけや透析、輸血、注射器の使い回しによる麻薬の使用などで感染するため、日常生活においてほとんど感染することがありません。

アルコール性肝障害(アルコール性脂肪肝)

一般的に、5年以上にわたり、過剰な飲酒を続けていて、肝臓に障害が起こっている状態です。日本アルコール医学生物学研究会の定義では、過剰な飲酒とは、成人男子で1日あたり、純エタノールに換算して60g以上(日本酒であれば3合弱、ビールであれば500ml缶3本程度)を毎日摂取する、常習飲酒家を指しています。また、アルコール分解酵素を持たないタイプの方や女性では、1日40gでもアルコール性肝障害を起こす場合があるといわれていたす。脂肪肝から肝炎になり、肝硬変や肝がんに移行する危険性が高くなっています。そのため、日々の節酒や禁酒が大切になります。

非アルコール性脂肪性肝疾患(非アルコール性脂肪肝)

非アルコール性脂肪性肝疾患は、一切、お酒を飲まない、または少量しか飲まないにもかかわらず、アルコール性肝炎と同様、脂肪肝等の症状を起こします。多くは、メタボリックシンドロームからくる腎障害や脂質異常、高血圧等が原因となります。また、薬の副作用やストレスなどが原因になる場合もあります。非アルコール性脂肪性肝疾患を起こしている方の約1~2割は、非アルコール脂肪性肝炎に移行すると指摘されています。メタボリックシンドロームの要素になる食事など、生活習慣を改善していくことが大切です。

薬物性肝障害

薬物性肝障害薬の副作用により、肝臓に障害が起こる状態です。どんな薬物でも原因になる場合があります。特に、解熱鎮痛薬や抗生物質、精神神経薬、抗がん剤などで多く発症すると指摘されています。また、市販薬や漢方薬、サプリメントなどでも薬物性肝障害を起こす場合があります。

自己免疫性肝炎

原因は、よくわかっていません。しかし、血液検査で抗体の数値が高くなるため、免疫機能に異常があり、肝臓を障害しているといわれています。指定難病になります。女性に多い疾患であり、自覚症状はほとんどないことが多いです。そのため、血液検査の結果などから見つかる場合が多いです。

健康診断の際に行う肝機能検査

肝臓は、脂肪やたんぱく質を使いやすい形にして蓄積します。そして、必要な際にエネルギーに変えて放出する、生きていくためには欠かせない重要な臓器です。また、肝臓には解毒という働きがあります。身体に取りこまれた様々な毒素を集め分解して、尿や便などから排出させる働きもあります。そのため、肝臓には自然と毒素が集まりやすいです。しかし、それが過剰になると、自らが毒素により、傷ついてダメージを受けてしまう場合があります。肝臓は、比較的大きな臓器です。多少のダメージでは、健康な細胞が代替として働いてしまうため、沈黙の臓器と呼ばれるくらい、自覚症状が出にくいです。むくみや黄疸等の目にみえる症状が出た際には、かなり進行している場合があります。 肝臓は自己再生能力が高く、異常が起きても初期のうちにしっかりと対処すれば、健康的な日常生活を再び取り戻せる部位です。そして、症状が出にくい肝臓の異常を早期発見するために必要になるのが、健康診断等で行う血液検査です。肝機能障害は、自覚症状がない場合でも血液検査の数値では、肝臓の異常がはっきりとみられます。

ASTとALT

AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)とALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)はともに、アミノ酸を作るトランスアミナーゼという酵素です。ASTはGOT、ALTはGPTと表記される場合があります。両者の異なる点は、ASTが肝臓以外の筋肉や赤血球なかにも存在するのに対して、ALTのほとんどが肝臓にしか存在していません。どちらも炎症などにより、肝臓や筋肉等が障害されると、血液中に放出されて、血液検査の数値が上がります。両者の存在する場所の違いにより、どの部位が傷んでいるのか特定できる重要な手がかりになります。例えば、ALTのみ、またはALTとASTの両者が高い血中濃度を示すときは、肝臓に障害が起こっている場合があります。一方、ASTのみが高い血中濃度を示すときは、筋肉の異常や溶血性の貧血、心筋梗塞等の異常が考えられます。また、ASTとALTが血中に留まっている時間を比較すると、ALTの方が約3~4倍長いことが特徴です。そのため、急性肝炎の場合は、急激に肝臓細胞に異常がみられるためASTが多く、慢性肝炎や肝硬変、肝がん等の場合は、逆にALTが多いということが考えられます。

γ-GTP

γ-GTPは、ガンマグルタミルトランスペプチダーゼという、たんぱく質を分解するアミノ酸の一種になります。アルコールやその他の毒素を分解するために使われます。通常は、胆嚢で生産されて肝臓で働いて、使命を終えると十二指腸から排出されます。しかし、肝臓や胆嚢、胆管等に異常がある場合は、上手く十二指腸から排出されずに、逆流して血液中に排出されます。そのため、この数値が高い場合は、アルコール性の肝臓障害等が疑われます。さらに、胆嚢の異常や胆管結石等の胆嚢周辺に異常がある場合があります。 また、近年注目されている、アルコール性の異常以外に、肥満などメタボリックシンドロームに関係して起こる非アルコール性脂肪肝疾患や非アルコール脂肪性肝炎などを見つける手がかりにもなっています。

ALP

ALPは、アルカリフォスファターゼの略です。肝臓を中心に腎臓や腸壁、骨などに多く含まれており、リン酸化合物を分解する働きをもつ酵素の一種になります。全身の様々な部位でつくられたALPは、肝臓で働いたあと、最終的に胆汁に混ざり排出されます。この胆汁の流れ道に、がんや胆道結石等の異常があり滞留すると、逆流して血液中のALPの値が上昇します。ALPの値は、肝機能障害のほかに、胆嚢周辺の異常や骨の異常などが考えられる重要な数値になります。広い範囲で生産される酵素なため、この数値が異常を示す場合は、どの部分の異常によるものかしっかりと検査することが大切です。

総ビリルビン

ビリルビンは、赤血球が使命を終えて、分解されたときに出る黄色の色素です。肝臓に運ばれたあと、胆汁中に排出されて、胆汁の主成分のひとつとなり、体外に排出されます。肝臓に入るまえの間接ビリルビンと、肝臓で処理されたあとの直接ビリルビンを合わせたものを総ビリルビンと呼びます。ビリルビンの仕組みは2つあり、1つは、肝臓の機能に障害があると処理されにくくなるため、胆汁へ排出されることなく、血中に放出されて血中濃度が高くなるというものです。また、もう1つは、胆管などの異常により逆流して、血液中の濃度が高くなるというものになります。総ビリルビン値は、肝炎、肝硬変、肝がんなど肝機能障害と胆管や胆嚢等の胆汁の経路に異常がある可能性を示します。

このように血液中に含まれる物質は、複雑に絡み合い、臓器の異常を示します。多少、数値が異常を示しても、自覚症状がないと、つい放置してしまいがちなのが肝臓や胆嚢の異常です。繰り返しになりますが、自覚症状がなくても肝臓の障害は少しずつ進んでいて、不調が出た際には、かなり病状が進行している場合があります。定期健康診断などにより、上記のような項目の数値に異常を指摘された方は、専門医に相談してください。何がどのくらい悪いか、治療が必要か、生活習慣を改善する必要があるかなどをみてもらうことを推奨しています。なお、定期健康診断などに異常がみられた際の再検査や何か疾患が見つかった場合の治療は、当院でも行っていますので、お気軽にご相談ください。

肝機能の精密検査

肝臓や脂肪肝の炎症は、自覚症状がないから、軽いものだからと放置してしまうと、やがて、肝硬変や肝がんに移行する危険性があります。肝硬変は、炎症にさらされ続けた肝臓の細胞が正常に働かない繊維状のものに置き換わって表面が硬くなり、機能を果たさなくなる状態です。放置すると、肝臓の機能を失い命にかかわります。過度の飲酒や健康診断の血液検査により肝機能に関する数値に異常がある、メタボリックシンドロームを指摘されたら、軽度だからと放置せずに、必ず精密検査を受けましょう。当院では、以下のような精密検査を行っていますので、お気軽にご相談ください。

血液検査

通常の定期健診では、決められた項目の検査しか行いません。しかし、精密検査では、疑わしい機能についての詳しい項目や肝炎ウイルスがあるかどうか、精細な血液検査をすることができます。

肝機能の数値に異常がある方の生活習慣の改善方法

肝機能異常の原因は、たくさん考えられるため、改善方法を一概にお伝えすることは難しいです。しかし、普段の生活習慣を見直したり、改善することにより、脂肪肝などを予防することができます。無理のない範囲で、取り組めるところから生活習慣の改善をしていきましょう。

主食、主菜、副菜を取り入れたバランスの良い食事

アミノ酸は、人が生きていくために欠かせない栄養分です。世の中には、約500種類のアミノ酸があります。このうち9種類のアミノ酸は、必須アミノ酸といわれ、人が体内で生成することができずに、食物からたんぱく質として取り入れるしかないものです。これらをバランス良く摂る必要があるため、偏ったものだけを食べないように気をつけましょう。また、肝臓は脂肪分を蓄積する働きがあります。そのため、脂肪分の多い食事ばかりを摂っていると、脂肪肝を起こしやすくなります。全ての栄養素をバランス良く摂取するためには、毎日できるだけ多くの品目を適切な量、食べることが大切です。特に、外食が多いとつい主食に偏りがちになります。サラダを追加注文するなど、偏らない食事になるように心がけましょう。

ビタミン、ミネラル、食物繊維を摂りましょう

肝機能が低下すると、肝臓のビタミンを蓄える力が弱まります。緑黄色野菜や海藻類、きのこ類等のビタミンとミネラルをたくさん含んでいる食材を積極的に摂取しましょう。特に、食物繊維は腸から栄養素を吸収するときに、余分な糖や脂質の吸収を妨げて、吸着して便として排出される働きがあります。積極的に食べましょう。

良質なタンパク質を摂りましょう

肝臓のダメージを修復するためには、良質なたんぱく質を補給することが大切になります。肉類や魚介類、卵、大豆食品等を積極的に食べるようにしましょう。肉類では、ソーセージやベーコンなどの加工食品は、塩分等の取りすぎにつながるため、偏らないように心がけましょう。

休肝日をつくりましょう

アルコールは中性脂肪をつくります。通常の量であれば、肝臓がそれを処理して、エネルギーにしたり排出したりします。しかし、アルコールを摂取しすぎると、処理が間に合わず、肝臓に脂肪が多く蓄積されます。適度な飲酒量を心がける、あるいは1週間に約2日は、お酒類を飲まない休肝日をつくりましょう。上手に休肝日をつくることにより、肝臓はアルコール分解から解放されて、細胞を休ませます。上手な休肝日のコツとしては、5日飲んで2日続けて飲まないという方式ではなく、3日飲んで1日飲まない、2日飲んで1日飲まないような方式があります。

適度な運動をしましょう

無理のない範囲で、有酸素運動を取り入れることは、脂肪が代謝されて減量効果を得られるほか、肝臓の働きも亢進します。また、肝臓は体内で発生するアンモニアを解毒する働きもしており、筋肉にはその機能の一部を担って、アンモニア代謝の手助けをする働きがあります。肝機能が衰えている場合でも適度な運動により、アンモニア代謝が補完します。重要なのは、ときどき激しい運動をするのではなく、継続しやすい範囲の適度な運動をすることです。例えば、1日30分以上のウォーキングや軽いジョギング、ゆっくりするスクワットなどが効果的です。運動習慣を身につければ、体脂肪も低下するため、非アルコール性脂肪性肝疾患などの改善にも有効です。是非、生活のなかに取り入れてみてください。